AQUAMANを見てきました。

 

aquaman-e1540551579393

一言で言うと長い映画でした。

 

 
12000年前にアトランティスという大陸が繁栄し、

オリハルコンという金属によってエネルギーを

自在に扱うことができる超文明の国があったと

古代ギリシアの哲学者プラトン(紀元前427~前347年)

の著書に記載があるそうです。

 

 

 

この大陸は、科学を信奉し神をおろそかにしたために、

大地震と大津波が襲い一夜にして沈んだという伝説です。

これにギリシャ神話のポセイドンの話が混ざっているので

かなり混乱します。

 

 

この映画にも大津波の映像が出てきますが、

東日本大震災の記憶も残っているので

複雑な気持ちで見ていました。

 

 

おそらくアトランティス伝説も

ヨーロッパ海沿いの一部地域に

実際に起こった災害を元に

口述していく間に話が膨らんで、

伝説として残ったのでは無いかと

考えます。

 

 

 

このあたりは歴史学的に考えるか、

考古学的に考えるかの差が

あるかもしれません。

 

 

 

最終的にアトランティス伝説に

集束していくのですが、王様とは、

かくも偉いのだと感じました。

 

 

最終的に暴力的な強さと血統が、

王様を決める要素になるのですが、

これを日本の天皇陛下の場合と

比較してみると西洋的な考え方が垣間見えて

また、自分たちの日本人としての感覚

の違いを興味深く感じました。

 

 

日本で一番誰が偉いかについては、

国民となるのですが、国家の代表としては

国家元首になります。

 

 

日本では国家元首が誰であるか

憲法やその他の法律のどこにも

記載がないそうです。

 

 

憲法の第1条~8条には、天皇について書かれており、

憲法の最初にこれが書かれていることは、

日本にとってとても大切なことだからだと

思います。

 

 

 

イギリスのエリザベス女王、

亡くなったヨハネパウロⅡ世、

アメリカ大統領も日本の天皇陛下には、

最上級の儀礼をもって接して

おられたことからも、

世界的に見ても尊い存在なのだと考えます。

私の目のまえに天皇陛下がおられたら、

自然と頭が下がります。

 

 

ただ、近所にチボリ公園ができたときに

陛下がお越しになり、パレードが

あったのですが、女子高生達は

「天ちゃ~ん!!」と手を振っていたのには

面食らいました。

 

 

 

さて、アクアマンですが、

映像の美しさに見惚れました。

美術ディレクターは海が

本当に好きなんだろうと思います。

 

 

素晴しい映像で、アバターを思わせる色使いと、

キャラクター、海の中のストーリーなので

水になびく髪の揺れ動きなどが調和されており、

また海の汚染や日本の捕鯨に対するについて

メッセージが入ったりしていました。

どう捉えるかは、人それぞれですね。

 

 

私は熊本県で馬刺しを食べましたが、

ニュージーランド人のジョンは、

絶対に馬は食べないと言っていました。

馬は友達だそうです。

キャプテン翼がサッカーボールを食べない

のと同じでしょうか?…違うか…

 

映画にはポケモンに出てくるような

キャラクターがたくさんいて、

犯罪を犯すのは黒人だったり、

悪そうに見える白人は

とても良い奴だったりする

わかりやすいけど、どうかなと思える

設定もあり、トランプ大統領が

好みそうな映画なんだろうかと

考えたりして楽しむことができました。

 

 

日本のアニメや漫画に登場するキャラクターはすごく魅力的

ですが、映画の画像となるとぱっとしません。

なんなんだろうなーと考えながら見た

今年最初の映画として、とても楽しめる映画でした。