フィリピンの生活

8月の4週間、フィリピンで生活していました。

 
ほとんどの時間、学校内にいたので

あくまで一部分ですがフィリピンでの

生活をお伝えします。

 

 

フィリピンでの生活は、

このような↓スケジュールでした。

朝6時起床→1時間勉強→

朝食→4時間勉強→

昼食→1時間昼寝・休憩→4時間勉強→

夕食→1時間ウォーキング→1時間勉強→

1時間休憩・就寝

 

 

かなり時間をかけて

英語の勉強しました。

 

 

が…なかなか英語脳にはなれません。

まだまだ継続して勉強する必要がありそうです。

 

 

この1時間ウォーキングが

私にとってのストレス解消の時間でした。

 
といってもさすがに異国の地を

たった一人で歩くので緊張して歩いていました。

 

 

意識して違う道を通るようにして、

同じ時間に同じ場所を通らないようにしました。

 

 
すでに暗くなった午後6:30~1時間、

学校の近くを歩くのですが、

排気ガスの規制が全くないのだと思います。

においと煤煙でのどをやられると思いました。

 

 

何ともなかったのですが、

これを数年続ければ喘息になると思います。

日本も通ってきた道ですが、

公害病が出そうな気がします。

 

 

 

土曜日と日曜日は授業が無いので、

どちらかの半日だけ歩きに出かけました。

大体10㎞くらい歩きました。

 

 

 

ゴルフ1回分と考えてなるべく早足で歩きました。

スマホを手に持っていたり、

カバンを背中にしょっていると

盗難に遭うそうなので

しっかりと対策を取って歩きました。

 

 

SMモールという大きなショッピングモールやマクタン橋、

コロン通りという地元の人が集まる商店街、

観光名所であるマゼランの十字架、

カシードラル教会、

サン・ペドロ要塞なんかを見に行きました。

カシードラル教会では、ちょうど結婚式をしていました。

 

 

英語を使って

何か買い物をする事を

毎回の計画としていたので、

頑張ってセブTシャツを買ったり、

ミネラルウォーター、

パン、コーヒーなどを

買い物しました。

 

 

 

店員が英語でしゃべってくるのですが、

早すぎて理解できず、聞き直していると

だんだんゆっくりしゃべってくれるように

なってきます。

そうなると会話が成立します。

 
でも、私の英語は、

語彙力不足と文章構文が

できていないので

単語のやりとりで

終わっている感じでした。

 

 

 

もうひとがんばりします。

 

寿晃整骨院 総院長 木下広志

未分類