東京大学にて鍼灸治療の勉強会に参加してきました…専門職向けの話です…

テーマは、変形性膝関節症。

熟練の整形外科医と

熟練の鍼灸師から発表がありました

鍼灸師の発表は大学の附属病院での

鍼灸治療や開業している鍼灸師の

様々な治療内容の紹介

 

 

整形外科医からは、整形外科医が

どう考えて変形性膝関節症の治療を

組み立てているのかが聞けました

 

 

エビデンスというのですが医療というものが

効果があるかどうか診断基準があります。

基準には日本国内で作られたものや

米国整形外科学会などが作ったものがあります

 

 

米国整形外科学会(AAOS)は、変形性膝関節症治療に

関する臨床診療ガイドライン(CPG)を発表しました。

変形性関節症(OA)は摩擦による消耗が原因の関節炎

とも知られ、65歳以上に発症することが最も多い。

身体障害の主因となっている変性疾患です。

 

 

今回、このガイドラインの変更点は、

ノーシンやバファリンなどの痛み止めの投与量が

減ったのと、ヒアルロン酸の関節内注射が、

臨床的に重要な改善を意味する最小閾値に達しておらず、

症候性(痛みや歩行障害がある)の変形性膝関節症治療法として

推奨されないとされています。

 

12212507_900176890060834_681988957_n

 

今回の整形外科Dr.の話では、日本におけるヒアルロン酸の

関節内注射効果に対しての治療効果は、

ここまで低くないとおっしゃっていました。

私もそのように感じております

 

 

そして、耳の痛い話ですが、

「BMI25超の者は最低5%減量する」

「低負担の有酸素運動を積極的に取り入れる」などがあります。

 

専門的な言葉が多くなってしまいましたが
次の2点だけ、理解していただければ大丈夫です。

 

1 太り気味の人は、5%減量してください
2 歩くなどの運動をしてください

 

 

患者さんが自分の体を自分で管理することが、

痛みを軽減し、良好な健康状態を実感するに

最適な方法の一つであるようです。

 

 

変形性膝関節症では、残念ながら鍼灸治療の

推奨度は低くなります。一時的な効果であると

評価されています。なので今後鍼灸学会では、

実際には効果があるということを論文提出をすることで

社会に認めてもらうという目標も立てられました

12204641_900176903394166_862593083_n

 

例えば、緊張性頭痛の治療方法としては

鍼灸治療の推奨度は高いのですが…

 

 

整形外科Dr.によると膝の水を抜くことも関節可動域の制限がある状態を

判断基準として抜いているということでした

 

 

また痛み止めとしてステロイド剤と麻酔薬をよく使います
この痛みを止める効果はかなり高いのですが問題があります

 

 

痛みを止める効果が高いため、実際に

膝はよくなっていないにもかかわらず、

痛みだけが止まってしまいます
なので、動けることで組織に負担をかけてしまい
関節の変形が高度の進んでしまうことがあるそうです

長くなってしまったので次の機会にまた書きます

 

 

勉強になりました。

12207969_900176910060832_1136131844_n
未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)