特許申請が認められ「特許査定」をいただきました。

私が、こんなトレーニング器具が

あればいいなと思っているところへ、

木工作家の方が患者さんで来院されました。

 

 
作家の方は、とてもおもしろい動きをする

犬のおもちゃを木で作る方です。

 

 
その方にこんなトレーニング器具を

作りたいけどどうですか?と聞いたら、

3日後に来院されたときにはすでに

形ができていました。

 

 

 

そこから理学療法士のK先生や

労務災害予防のスペシャルATのN先生に

相談したところ、改良点をご指摘いただき

さらにいいものができあがりました。

 

 

 

今回の特許申請の機構になったのは、

筋力の伝わり方なのですが、

それはH病院の理学療法士の○○先生に、

筋電図まで取っていただき、

その機構の有効性を証明できました。

 

 

 
そのときにはまだ、特許を申請することまで

考えていなかったのですが、

寿晃整骨院がさらに良い整骨院になるために

アドバイスをもらっているNさんから、

ぜひ特許を取得しましょうと

背中を押していただき、

M特許事務所を介して申請をしました。

 

 

 
特許申請はとっても高いのですが、

それでも1/3は、倉敷市から

「がんばる中小企業応援事業費補助金」

も頂戴して、申請しました。

 

 
特許庁からは一度拒絶されました。

 

 

がーん!

 

 

でもちょっとしてから

もう一度気を取り直して再申請をかけてみました。

特許事務所の最長老からは、

拒絶されてからが特許申請です!

と強く言われましたが、

なんだかビジネス上のポジショントークのような

気がしていました。

 

 

 

再申請時には、面接時間を取ってもらって、

なぜこの機構は新規性があるのかを

最長老が審査官に説明してくれたようです。

 

 

 
今回、とっても良い勉強になりました。

自分が特許を取るなんて夢のようでもあります。

 

 
実は、特許をとる事を夢見ていたのには、

わけがあります。とても恥ずかしいのですが、

ここで公表します。

 

 
私にはとても優秀な同級生がいました。

小学校の時に転校してきたのですが、

中学校まで同じでした。

 

 

 

彼は総社高校→京都大学→○○自動車に

就職したと聞いています。

 

 

ふとしたときに彼の名前を

インターネットで検索してみました。

 

 

自動車会社でたくさんの特許に

名前を連ねていました。

 

 

 

すごいなぁ!と感動しました。

 

 

 

彼は工作の時間にいつも素晴らしいものを

作るのです。

 

 

 

私はというといつもいい加減で

アイデアは良くてもできたものは、ぼろぼろ

 

 

そんな彼と同じ特許取得者をという称号を

得られたことを誇りに思います。

 

 

 

この運動器械を利用してさらに元気な方を

増やしていきたいと思っています。

 

 

 
さて、別のアイデアが湧いてきそうなので、

周りの人を巻き込んでもう一波乱起こそうかな…

 

 

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)