憲法9条について、学びました

この本を大学で使っていますが

この本に、「ポケット」の名前を

つけた人と、小一時間話をしたいですね

 

 
憲法9条には、第1項と第2項があって、

次のように書かれています

 

 

 

第9条

(分かり易くするため第1項、

第2項の表記を入れています))
第1項:日本国民は、正義と秩序を

基調とする国際平和を誠実に

希求し、国権の発動たる戦争と、

武力による威嚇又は武力の行使は、

国際紛争を解決する手段としては、

永久にこれを放棄する。

 

 

 

 

第2項:前項の目的を達するため、

陸海空軍その他の戦力は、これを

保持しない。

国の交戦権は、これを認めない。

 

 

 

 

ややこしいですよね。
第2次大戦が終了して、

当時とても強かった日本軍に

戦力を行使できないようにしたい

GHQの思惑と、そこまで

タマを抜かれるとさすがに

国を守れないと考えた

日本人の代表者が

ギリギリのやりとりをした結果、

わかりにくい文章になったのかも

しれません。

 

 

 

 

 

第1項については反対する人は

少ないと思いますが、

「正義と秩序を基調とする

国際平和を誠実に希求」とは、

どんな意味でしょうね。

 

 

 

 

逆に正義と秩序がなくなってしまった

世界に対しては、

日本はどうするんでしょう?

 

 

 

 

 

その後の文章は私も

大切にしたいと思っています。

武力を対外的に使わないと

宣言することは、戦争当事者で

本来攻めるべきでは無かった

海外に対して戦争を仕掛けた

反省からも本当にすばらしい

メッセージだと思います。

 

 

 

 

 

でもこの文章は、

第1次世界大戦後のパリ不戦条約と

言われる条文の最初に

国際紛争解決のための

戦争の否定と国家の政策の手段

としての戦争の放棄を宣言

しているにもかかわらず、

その後、第2次世界大戦が

起こったことを考えれば、

法律は破るためにあるのかも

しれませんね。

 

 

 

 

 

どうすれば、世界が平和であるのか

なのですが、日本人にとっては、

日本の平和があってこそ、

世界が平和となります。

 

 

 

 

日本が戦火にまみれているのに

世界が平和なんてあるはずが

ありません。

 

 

 

 
日本が平和であるためには、

自衛する能力は最低限必要です。

 

 

 

 

ところが第2項には、

「陸海空軍その他の戦力は、

これを保持しない」と

書かれています。

 

 

 

 

自衛隊という戦力を持っていますよね。

ここに大きな矛盾があるのです。

憲法違反だと思います。

でも国民は守らなければなりません。

 

 

 

 

憲法第13条には、

「すべて国民は、個人として尊重される。

生命、自由及び幸福追求に対する

国民の権利については、

公共の福祉に反しない限り、

立法その他の国政の上で、

最大の尊重を必要とする」とあります。

 

 

 

 

 

個人の生命を最大の尊重する

というなら、徹底的な自衛力保持は

必要となります。

 

 

 
自分の国を自分の国で守るのでは無く、

他の国は正義の国だと信じて

軍事力を持たないというのは、

私にとって不安でしかありません。

他の国の正義と日本の正義が、

「=」かどうかは、わかりませんので…

 

 

 

 

 

さて、先の文章で「タマ」の

表現を使用しました。

 

 

 
この「タマ」とは、
1.弾
2.魂
3.タマ(サザエさんちの…)
4.その他

 

 

このうちのどれでしょうか?

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)