明日で連休も終わります。時間をつぶすのも大変だ…

ハンターキラー

 

今日は、智子先生が

卓球の試合だったので、

一人の時間をどうつぶそうか

と考え、あまりに運動不足

なので散歩をすることにしました。

 

 
朝ご飯の準備は

してもらっていたのですが、

モーニングサービスが

食べられるぎりぎりの時間を狙って

Cafeへ…2時間は居たので

コーヒーのおかわりをしたのですが、

2杯目は半額なんですね。

得した気分になりました。

 

 

 

ここでの2時間は、

私の大好きな藤原正彦さんの

「名著講義」という本があって、

藤原さんがお茶の水女子大学で

行っていた読書ゼミについて

書かれているのですが、このゼミを

選択した学生の為に選んだ本で

第9回に出てくる

「忘れられた日本人」宮本常一著を

読破しようと考えていました。

 

 

ところがこの岩波文庫青帯の本は

なかなかの分量でここで

すべてを読み終えることは

できませんでした。

 

 

しかし、途中で場所も忘れてCafeで

吹き出して大笑いしてしまった所

があります。

 

 

このブログに書くような

テーマでは無いかもしれませんが、

あまりに面白かったので

勇気を振り絞って書くことにしました。

 

 
宮本常一氏は、民俗学という

分野で大変有名な方で、

あの東北の座敷童子や

カッパなどの伝承を

研究した柳田國男に対して

学生時代に関心を示し、

渋沢栄一の孫の渋沢敬三に

見込まれて本格的に民俗学の

研究を行うようになった

ひとです。

 

 

宮本常一氏は山口県周防大島出身

なので、対馬や四国など

西日本を中心に

フィールドワークした人です。

 

 

その人が天真爛漫な

農家の奥さんから聞いた話を

聞いたとおりに書いておられるのです。

 

 
内容は完全に下ネタなので、

どうしても読みたくない方には

以下をお勧めしません。

よろしくお願いします。

 

 

 

女たちは自分たちの仲間の

失敗を話しつつ、自分たちの戒め

にもしたそうなのですが、

言葉遣いの問題は

話の素材としてよく

使われた。

 

 

あるとき、

村の言葉が野卑なところと

いわれていた事が残念だから、

すべての言葉に「お」を

つけることに寄り合いで

決めたそうだ。

 

 

その村の娘が奉公に行ったところ、

あまりに野卑な言葉なので

「おまえももう少し物に「お」を

つけて話すが良かろう」

といったところ

つぎのような話し方になった。

 

 

「おくさま、お米櫃のお米を

お洗っておきましょうか、

おくさま、お御飯がお炊けました」

と大変煩わしくなったので

「もうすこし「お」を

少なくした方が良かろう」

と言った。

 

 

またあるとき、娘を呼ぶと

「くさま、何でござりましょうか」

というので「くさまとはなにか」

と尋ねたところ

「おくさまから、おをとりました」

といった。

 

 

「まぁ良い、ところで豆は

どこに入れてあるかね?」

と聞いたところ、

「はぁ、豆は、けの中にあります」

と答えたそうな。

 

 

宮本氏は、この章のまとめで

つぎのように書いている。

「エロ話の上手な女の多くが

愛夫家であるのも面白い、

女たちのエロ話の明るい世界は

女たちが幸福であることを

意味している。」

と書いている。

 

 

 

この話を読んで

「もののけ姫」に出てくる

おかみさんたちを思い出した。

 

 

さて、コーヒーで長居するのも

何なので、倉敷インターから

山沿いを通り、酒津公園から

イオンへ向かった。

 

 

今日は天気が良く

屋外のいすがとても快適で

3時間ほど本を読んで何とか読了、

その後、

またまた映画を見ることにした。

 

 

今日は一人なので硬派な映画

「ハンターキラー 潜航せよ」

を見ました。

 

 

アメリカとロシアの全面戦争を

直前で止める

はらはらドキドキの

緊張感のある映画でした。

 

 

潜水艦は、壊れると海の底で

死んでしまう死と隣り合わせの

環境です。

 

 

患者さんでトンネル工事を

される人がいるのですが、

この方はサラリーマン金太郎の

最初のストーリーのモデルでは

ないかと言われています。

 

 

真っ暗なトンネルを掘っていく事は、

土が崩れる危険と隣り合わせになるので

大変な作業だとおっしゃっていました。

 

 

さて、明日1日で長い連休が

終わります。

 

 

良い天気が続いて良い連休でした。

令和という元号も違和感なく

すぐに馴染んだように感じます。

 

 

寿晃整骨院は5月7日(火)から

通常通り開院いたします。