腰痛の患者さん…、珍しいことがありました…

腰痛治療フローチャート

以前に作った、

腰痛フローチャートです。

結構、ネットからの

問い合わせが多いのです

 

 

腰痛で当院に来院される

患者さんはとても多いです

 

 

腰痛は、ある程度の

種類に分類されます

 

①椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などを

中心に座骨神経が刺激されているもの

 

 

②殿筋の機能障害が原因となって、

結果として腰部の知覚神経が

過敏になっているもの

 

 

③体幹(特に腹筋)が機能障害となって、

腰椎が不安定になった結果、

椎間関節や椎体関節で

痛みを起こしているもの

(脊椎分離症・普通の腰痛)

 

 

④腰部の筋肉が単純に

炎症を起こしているもの

 

 

⑤仙腸関節が緩み、炎症を

起こしているもの(産後の女性)

 

 

⑥脊髄が圧迫を受けているもの

(中心性脊柱管狭窄症、OPLL)

 

 

⑦骨自身が損傷を起こしているもの

(ガン、圧迫骨折)

 

 

⑧全身症状が原因となっているもの

(神経症状しびれ、痛み、麻痺・

筋肉のやせの原因が全身的な疾患にある)

 

 

他にもあるかもしれませんが、

治療をしていく上で

この分け方がすっきりします

 

 

程度に大きな差があることを

理解しておく

的確に鑑別して

私たちの治療範囲を超えているものは

直ちに専門医に紹介できる

体制を持っていることです

 

 

当院では、患者さんの要望を

一番に考えた上で、

症状から判断した的確な

専門医を紹介しています

 

 

ところで、先日腰痛の患者さんで

珍しいことがありました。

8月初旬に来院されたときには、

明らかに①に分類される

症状で治療しました

 

 

それ以降は来院されず、

先日、9月下旬に来院されました

9月来院時に8月の状況を伺ったところ、

1回の治療で痛みが無くなったので

来なかったとのことでした

 

 

良かった! 私に GJ!

ところが今回検査してみると

症状が明らかに違います

今回の症状は、分類②

に変わっています

 

 

殿部の筋肉を酷使したことが、

痛みの原因になっていました

なので、殿筋を中心に治療して、改善…

 

 

同じ人が、腰痛を訴えて

来院していただいて

症状が明らかに違っていたことは、

結構珍しいことです

 

 

人間には、体質や体の使い方に

クセがありますので

同じ症状で訴えてこられる

ことの方が、圧倒的に多いと感じます

 

 

前回カルテに記入していた

検査結果とと全く違っていたので

おもしろく感じました

 

 

患者さんによっては、院内に入って

こられる体の姿勢で症状が

わかってしまいます

 

 

そんなときには、

「いつもの?」って聞いています

どっかの定食屋さんみたいですね

私どものような整骨院で

「常連さん」と呼ばれるのも

どうかと思いますが

信頼して来院していただけることは、

とてもうれしく思っています。