自由ってなんだろう?

今日は、息子が

「アルスラーン戦記vol.4」

を貸してくれました
人間の心がいろいろな形で

えぐり出されておもしろい

マンガです
力のあるもの
知恵のあるもの
弓がうまいもの
剣がうまいもの
馬に乗るのが得意なもの

 

 

それぞれが個性を発揮し
発揮できないものは埋もれていく
第4巻には、ある欲深い領主が

描かれています
自分の娘を権力者の妻

にしようとしたり
思うように動かない人を
意のままに操れる人と換えようとする
結局、力業で現状を変えようとして
失敗し殺されてしまいます

 

 

主人公はかねてからの

思いであった
奴隷を解放します
普通なら奴隷たちは喜ぶ展開です
しかし、奴隷たちは自由を与えられても
どうしたらいいのかわかりません

 

 

自分たちに仕事と住むところ

を与えてくれていた
欲深い領主を殺した主人公に

牙をむきます

 

 

話は変わりますが、ネットを見ていると

パラオの記事が出ていました
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151009-00010004-shincho-int
パラオでも日本統治下で

自由が満喫できたようです

 

 

たとえば1925年生まれのパラオ人、

フジオさん(仮名)はこう語っている。

「日本時代が良かったっていうのは、

まあ金もあったし、自由で、

品物はたくさんありましたから。

何でも出来たっていうのが

いいところでしょうか」

 

 

そこそこの自由ってどのくらいの

選択肢があるのでしょうね

 

 

アメリカは日本とは異なり、

島民に指図をせず「自由」を与えた。

しかし、多くのパラオの人々にとって

「自由」とは聞いたことのない

言葉だったため、混乱が生じてしまう

 

 

「アメリカは自由すぎる。

学校で乱暴しても喧嘩しても、

先生は殴らない。

 

 

日本の学校では先生に殴られたけど、

良いことと悪いことを教えてくれた。

今の子どもたちに怒ると、

『今と昔は違う』と言われる。

殴られたからこそ、

私たちは学ぶこともできた」

 

 

この記事を見てどう考えるでしょうか
奴隷制度が良いとはまったく思いません
日本の選挙でもある程度の

選択肢から選ぶと楽です
自民党 vs 民主党、共産党、社会党から選びます

 

それぞれが考えて選択すれば

良いと思いますが
まったく白紙の状態から
何かを選ぶというのは、

難しいことですね

 

 

でも、労働組合のように

選択肢を絞りすぎるのも問題です
人間は、自由がすばらしいと思いつつ
ある程度の縛りがあると楽です

 

ちょうど、引き戸のようです。
敷居と鴨居が丁度良い高さで引き戸は動きます
高さが狭いと動きません
高さが空きすぎると戸が外れてしまいます
丁度良いのが良いのです

 

 

いい加減にしなさい

というのが丁度良い
そんな私もいい加減な人かも

しれません(いい意味で)

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)