いったい何がすごかったのか ストライプ石川CEOの講演

昨日書いたブログでは

何がすごかったかわからないと

智子先生から指摘され、

ノートした内容をもとに

ここに書いてみます。

 

 
石川CEOは、冒頭で

あなたたちはいままでに

路線転換したことが

ありますか?

と質問されました。

 

 

 

ニュージーランドへ2週間

短期留学したことや、

鎖骨骨折が契機だったり、

老舗の和菓子屋さんが

洋菓子をインターネットで

売り出した話(3Dケーキとして有名です)

を皆さんがされていました。

 

 

 

石川CEOも自分の始めた

セレクトショップが倒産しかけたのが

契機だったとおっしゃっていました。

 

 
セレクトショップ時代も

Tシャツや児島が近いからかジーンズを

制作販売していたそうですが、

その経験から自社ブランドを

立ち上げたとのことでした。

 

 
ここでブランド認知度を上げるために

取った作戦が他社のしていないことを

するということです。

 

 

ファッションブランドは

一般的に狙った年齢や性別のターゲットが読む

雑誌を中心にメディア戦略をするそうですが、

テレビCMを打ったそうです。

 

 

 

そう、あの宮崎あおいさんを使ったCMです。

あのCM後、ブランド認知度は1年間で

29.1%→73.3%に急上昇。

認知度が上がれば当然売上げが上がります。

 

 

宮崎あおいさんはCMでどんなことを

していたか覚えておられるでしょうか?
そう、歌を歌っていました。

https://www.youtube.com/watch?v=7vs2XYCicTA

 

 
これも契約書には歌は歌いませんと

書いてあったそうで、

その前例を破る説得力の元になる

発想力が素晴らしいのです。

 

 
それまでにいくつかの他社CMに

出演しておられたので、

自社CMでは今までにない事が

やりたかったそうです。

 

 

そこで契約書をよく読んで

NGとなっていることを見つけ、

事務所の方と交渉に当たったそうです。

 

 
TVCMには、12億円投下したと

言っておられました。

もう桁の違う話でため息しか出ませんでした。

 

 

最近では、「KOE」という

ユニクロやH&Mといった

ファストファッションブランドへの挑戦です。

 

 

 

石川CEOに心酔したところは、

このブランドコンセプトを

「フェアトレードに徹する」

といっておられたことです。

 

 

児童労働や環境汚染、長時間労働をする

ファクトリーは使わない。

 

 

貧困国も豊かに、

オーガニックコットンを使い、

サステナブル(環境に多大な負荷を与えず持続可能)

な経済活動を目指すと言っておられました。

 

 
私も整骨院をやってきて、

実は今までもそう思ってやってきたのですが、

痛みが早く取れて患者さん良し、

不要な薬や検査を使わず医療コストが下がり社会良し、

そして私たちも患者さんや社会から

喜んでもらえるようになることが私たちも良し。

 

 

 

もちろん私たちもコンプライアンスを

大切にしなければなりません。

 

 

 

石川CEOはこれから事業領域を

「服」から「ライフスタイル」に変えて

アイスクリームやハンドクリーム、

飲食業にまで幅を広げたいと

おっしゃっておられました。

 

 
もちろん、ファッションの方でも

欅坂46のCMで話題の

「ファッションレンタルアプリ – メチャカリ(mechakari)」、

月々¥5,800で新品の服を借り放題の事業を

始められたそうです。

 

 

 

ものを持つことが嫌いなホリエモンが

数年前に服をコーディネイトして

レンタルしてくれる

サービスがあったら良いのに

といっておられましたが実現しました。

 

 
次々に新しい事をやり続けておられる

石川CEOの話は、ちょっとだけ持っていた

私の高慢ちきな鼻をへし折られた気がして、

また謙虚に週明けから仕事に当たれます。

 

 

 

やはり、学ぶことは大切ですね。

 

 

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)