東京に向かう飛行機の中で…

今回の旅の目的は、

MPSのセミナーを受けるためです

 

 
MPSとは、疼痛の原因を筋膜にとらえて、

筋膜をリリースすることで

疼痛を除去していこうとする

治療方法です。

 

 
弘前大学総合診療科の医師や

整形外科医、首都大学東京の理学療法士の方々が

講師を務められます。

 

 

 

 

今までいろいろな勉強会に参加してきましたが、

痛みがなぜ取れるのかといった部分になると

我々のような柔道整復師や鍼灸師とは違った、

視点を見ることができてとても学びになります。

 

 
1時間ほど早く整骨院を上がらせてもらって

岡山空港から飛び立ちました。

 

 
今日は梅雨の晴れ間で空気の循環が

いつもより鈍いのか湿気を含んだ重い空気と

かすんだ視界の中を飛んでいます。

 

 

 

富士山が見える側の席を予約したのですが、

富士山は見えるでしょうか?

 

 
気圧が変わるたびに耳に違和感が走りますが、

昔からよだれ食いの私は、

ごっくんとつばを飲むことで解決です。

 

IMG_1269
機内放送のヘッドホンからは、

僕の大好きなニューシネマパラダイスの

テーマ曲「愛のテーマ」が流れ、

今とっても流行っているアドラー心理学の本を

読んでいます。

 

 
フロイト、ユングとアドラーは、

同じ頃にヨーロッパで活躍した

3大心理学者といわれています。

 

 

 

フロイトは人がなぜその人になったかを

生まれや育ちなど今まで育ってきた

過去にあると言います。

 

 

 

 

原因論と言われるのですが、

その人の考え方は過去における経験などによって

決まってしまうというのです。

 

 

 

 

この考え方は一世を風靡したのですが、

現代心理学では否定されています。

 

 

 

 

アドラーは、何か人生を変えたければ

今この瞬間から変えることができると言います。

 

 

 

 

そして大切なことですが、自分と他人を分離することを考えます。

課題の分離というのですが、

 

 

 

 

例えば高さ150㎝の扉をくぐろうとするとき、

そのまま真っ直ぐに進むか、

頭を屈めるかと判断するときに

どうするかです。

 

 
頭を屈めるとは自分の判断で

変えられるところを変えること。

 

 

 

 

そのまま真っ直ぐに進んで頭をぶつけて、

こんな高さに壁を作るなんて!

と自分の力の及ばないところを

いくら変えようとしてもそれは変えることができない。

 

 

 

 

他人を変えようとしても変わらないけれど、

自分を変えるなら今この瞬間に

変えることができる。

 

 

 

本当にすばらしい考え方であり

常にあらゆる状況で使える考え方だと思います。

 

 
何か困難があったとしても、

それができない課題を自分以外の問題に

囚われてしまうとじぶんの力では解決できなくなってしまいます

 

 

天気や朝のテレビの占いで自分の心を

自由にされないようにすることが大切ですね

 

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)