自賠責(交通事故)の患者さんが来院されました

poruse

寿晃整骨院には、毎月複数名の

交通事故の患者さんが来院されます。

 
交通事故で原則として患者さんの

費用負担はありません。

 
自賠責保険と任意保険から

まとめて支払われるからです。

これを一括対応といいます。

 
来院された患者さんの費用は、

保険会社が支払ってくれます。

 
当然、患者さんが来院されたときに

治療を開始して良いかどうか、

保険会社と交渉します。

 
保険会社さんから連絡があり、

治療を開始してくださいとのことでした。
「寿晃整骨院さんは、信頼できる整骨院なので

患者さんをお任せします」と担当者から

言っていただけました。

どこからも信頼される整骨院であり続けたいと思います。

 

 

 

昨日来院された患者さんは、

最初、整形外科で治療を開始されましたが、

当院も併用したいとのことでした。

 

 

整形外科と整骨院の両方で治療することは

まったく問題ありませんが、できるならば

医師の許可と保険会社の許可があるとスムーズです。

 

 

 

整形外科では、受診するのに2時間くらい

待つそうで、時間が取れないということでした。

 

 

確かに当院は、なるべくお待たせしないようにしています。

が、待たなくていいので…という理由だけにならないように、

しっかり施術させていただきました。
施術後は、痛みも軽減したとの感想をいただきました。

 

 

 

当院では、

自賠責であろうと、

健康保険を使った施術、

自費でいただく施術を分けることはありません。

 

 

 

健康保険が使用できる症状であれば使用し、

使えない症状であれば自費でいただくだけのことです。

交通事故であればそのルールに乗っ取って

保険会社に請求をかけます。

 

 

 

傷病部位も警察署に提出した診断書の傷病名を原則として、

整形外科などの医師と同じになるように合わせていきます。

 

 

 

マハトマ・ガンジーの名言

『七つの社会的大罪』に

恥ずかしくない整骨院を目指します。
どうぞ、安心して来院してください。

一、原則なき政治
二、道徳なき商業
三、労働なき富
四、人格なき教育
五、人間性なき科学
六、良心なき快楽
七、犠牲なき信仰

 

 

 

昨晩、ちょっと寒くなったので

布団をかぶろうと思いました。

 
布団を引っ張ると横で寝ていた家内が、

自分の布団を取られると思ったのか

「なにしてんの!」と怒られました。

自分の布団を探すと家内が2枚かぶっていました。
犠牲ある睡眠ですね。