私の最高傑作。 結婚式スピーチ!

IMG_4164

 

皆さん、連休はいかが

お過ごしだったでしょうか

 

 

 

私の連休は、
土曜日スタッフの結婚式
日曜日、トリガーポイントセミナー
月曜日、息子の大学祭見学
と盛りだくさんでした。

 

 

 

スタッフの結婚式では、

主賓の挨拶を勤めさせていただきました。

 

 
今回の挨拶が今までで

一番良かったと手応えを感じています。

 

 
実はこれには理由があって、

知り合いのドクターに参考書を

教えてもらったのです。

 

 
その参考書とは、

原田マハさんの文庫本

「本日は、お日柄もよく」 (徳間文庫)です。

 

 
この本には、スピーチの本質が書いてあります。
もし、スピーチを頼まれたなら、一読をお勧めします。

 

 

 

私の挨拶は次のようなものでした。
固有名詞を○○に変えてお届けします。

 

 

 

本日は、この盛大な披露宴にて

最初の発声という大役をいただきました。

ご両親、新郎新婦はどうぞ

席についていただき、

少しだけ笑う準備をしてお待ちください。

 

 

 

彼は、キュウリが嫌いなんです

 

 
柔道整復師の資格を取ってまもなく、

ある出来事がありました。
新郎の○○ちゃんは「相談があります」と

私に伝えてきました。
「寿晃整骨院を辞めたいんです。」

 

 

 

やめる事を決意して相談してきた

スタッフに対しては、

私は、退職を止めません。

 

 

つらい仕事をしてもらって

申し訳なく思うのです。

仕事が楽しくない。

朝、家を出て、寿晃整骨院へ

行くことがつらいなんて考えられません。

だから退職を止めません

 

 
やめる理由も聞かないようにしています。

 

 

 

しかし彼は、自分から退職したい

理由を教えてくれました。

 

 

勤務先の分院長が、

お昼の弁当のキュウリを食べろと

強要するという理由でした。

 

 
冗談を言える状況なら、

キュウリは嫌いでも

給料は好きなのかなんて

茶化すのですが、彼は真剣です。

 

 

 

とても冗談をいえる顔色ではありません。

彼の顔色がキュウリより青かったのを

覚えています。

 

 

 

宇宙飛行士ガガーリンは

「地球は青かった」と言いましたが、

彼にとってキュウリは

地球よりも大きかったのでしょう。

 

 

 

私はこう言いました。

「そうか。それは大変だったなぁ。

迷惑をかけて申し訳なかった。

今日付で退職を認めます。

お疲れ様でした。」

 

 

 

そのままなら、

今日のこの席に呼ばれることも

なかったのかもしれません。

当院スタッフの○○と相談して

退職は中止となりました。

 

 

 

○○ちゃんが、倉商バレー部で活躍していたとき、

ケガをしたら○○が診てくれていたそうです。

 

 
彼には、そのときの○○ちゃんの

心のケアまでしてくれたことに感謝します

 

 

 

私も勉強になりました。

自分には小さな問題であっても、

他人にとっては地球よりも大きな存在である。

そんなことを思い知りました。

そして寿晃整骨院には、

新しいルールが出来ました。

 

 

 

お弁当のキュウリは残していい。

 

 

 

さて結婚すると、

他人であった人間同士が、

縁あって一緒に暮らします。

 

 
今日、ご結婚されるお二人のおつきあいは、

10年を超えると聞いています。

 

 
本当にピュアなお二人ですよね。

そして○○ちゃんと○○さんは、

自分の整骨院開業という、

人生の大きな節目を迎えようとしています。

 

 

 

私の趣味は、インターネットでいろんな建物を

見ることですが、先日彼の整骨院にいい物件を

見つけました。

 

 

○○ちゃん達と一緒に建物を見に行き、

彼も気に入ったようです。

 

 

 

お嫁さんを決めるのには、

10年かかったのにお家を決めるのは、

1週間で即決でした。

 

 

 

水島○○病院近くの川沿いにあります。

契約が順調にいけば、来年の夏には

開業できると思います。

 

 

 

今日ご参列の皆さん、

寿晃整骨院で8年間修行を積んだ男です。

よろしくお願いします。

 

 

 

そしてその新しい整骨院の受付には、

○○さんが居ます。

○○ちゃんの人生にとっても、

整骨院にとっても

○○さんは、欠かせぬパートナーとなります。

 

 

 

私もこの二人と一緒に働いてみて

彼らの気配り、患者さんのことを考えて動く姿勢を、

素晴らしく思っておりました。

寿晃整骨院にとって、二人の退職では

大きな穴が開きますが、

新たな門出を心から祝福したいと思います。

 

 

 

その後、○○ちゃんは、○○さんの努力もあり、

キュウリを克服しつつあると聞いています。

私はキュウリが嫌いなことは、

そんなに大きな問題ではないと

実は考えています。

 

 

でも自分を変えようとすることは

とても大切で、大きな勇気と努力と覚悟が必要です。

 

 

 

大きな事を成し遂げる事ができる

成功する人間は、自分を変えることができます。

変えることを英語でChangeと書きます。

そのスペルのgがcに置き変わると

チャンスという言葉になります。

自分をチェンジして、チャンスを

ものにしてほしいと思います

 

 

 

どんな仕事も

人生も、世界の動き、日本の動き、

家族の動きなど、環境の変化で

変えていかなければなりません。

 

 

「変化し続けるものが、生き残る。」

ダーウィンの言葉といわれていますが、

キュウリを克服した○○ちゃんは、

ダーウィンも認める男だと思います。
少なくとも私は認めます。

 

 

 

これからもやさしい二人はお互いを思い、

ご両親のことを思い、

ここにご列席の方々のことを

思い続けていくことでしょう。

 

 

 

そんな二人を頼りにする患者さんが、

たくさん来院される整骨院を作って、

幸せな道を歩んでほしいと思います。

 

 

 

○○ちゃんのエピソードを

中心に思い出をお話しさせて

いただきました。

 

 
○○ちゃん、○○さん、ご両家の方々の末永いご多幸。

そしてご列席の方々のご繁栄を祈念して

挨拶とさせていただきます。

 

 

寿晃整骨院院長 木下広志

 

 

 

私の最高傑作と思っています。

 

 
12月にも友人代表として挨拶が控えています。
期待に添えるように

もう一度、本を読み返そうかな…。
あ…たしか…彼にあげた。

 

 

 

もう一度買おう!