今日は鬼ノ城に上ってきました

14805398_1131820820229772_1466831474_n

神戸からお客さんが

やってきました。

 
児島センイ祭りもあるし、

倉敷なら美術館と美観地区で

おもてなしをしようと思っていたのですが、

なんとなく総社にある鬼ノ城に

行くことにしました。

 
ちょうど鳥取に行っている息子も

同行して、鬼ノ城を見て回りました。

 
息子は、防人の時代のお城なのか?

と聞くのですが、ちょっとすぐには

わかりません。

 
帰ってからウィキで調べてみました。
日本の防人(崎守)は、663年に

朝鮮半島の百済救済のために出兵した

倭軍が白村江の戦いにて

唐・新羅の連合軍に大敗したことを

契機に、唐が攻めてくるのではないかとの

憂慮から九州沿岸の防衛のため設置された

辺境防備の兵です。

 

 

 

筑紫に大宰府を守る水城を造り、

対馬・隠岐・筑紫に防人を置き、

大和に高安城、讃岐に屋島城、

対馬に金田城が築かれたそうです。

 

 

このような時代背景の中で、

鬼ノ城は7世紀後半に

築いたとされています。

 

14804719_1131820783563109_552189003_n
ここから眺めた景色は非常に良くて、

小豆島から児島湖、

水島や玉島の工業地帯、

総社や清音が一望です。

 
昔は、太陽エネルギーで

生活をしていました。

 

 

今でも自然エネルギーは蓄えておくことが

難しいのですが、この時代はすべてが

太陽光線によって得られるエネルギーで

人々は暮らしていたのです。

 

 

 

冷害や干ばつによって、この時代の主力、

農業生産能力は大きく左右されます。

 

 

 

岡山県南は温暖で晴れが多く、

台風や火山活動もない地域で

農産物にも恵まれています。

 

 

 

その為この地方の豪族は

力を持ったのかもしれませんね。

 

 

 

息子には、倉敷市南部の土地は、

ほとんどが遠浅の海で、吉備の穴海と呼ばれ、

児島湾の干潟を新田開発するために

宇喜多堤(うきたつつみ)が築かれて、

農地がとても大きくなったことを伝えました。

 

 
さて鬼ノ城を後にして、

吉田牧場に行ってきました。

よく知らなかったのですが、

チーズがとてもおいしいそうです。

 

14794174_1131820830229771_1911198884_n

 

一通り買ってきたのですが、

ちょうど小腹が空いたので近くにある

カフェに行ってきました。

 

 

 

吉備中央町の「アンドシングス ハチガハナ」

というお店ですが、吉田牧場のチーズを

使っているので、どんな食べ方をさせてくれるのか

ワクワクしていただきました。

 

 

カチョカバロというチーズが

絶品のようでしたが、

牧場には売り切れていたようで

食べることができなかったのです

 

 

 

ところが、こちらのカフェで

食べることができました。

 

 

とても良い塩味とふわっとした

乳糖の甘みが口に広がります。

 

 

でも、チーズ単体のおいしさよりも、

ソーセージや野菜のうまみを

増幅させる効果が高いようでした。

 
こんなにゆっくりした時間は、

珍しいのですが、

のんびりと過ごすことができました。