医学生理学賞の大村智先生、素晴らしすぎます…

 

日本からノーベル賞受賞者がでました。
医学生理学賞と物理学賞です。

 
医学生理学賞の大村智先生は、

フィラリアの毒素を無害化する

薬の研究をされていたそうで、

いつも袋を持ち歩いて細菌の

含まれた土を集めていたそうです。

 
なにがすごいって…
スキーをすれば、国体出場
ゴルフをすれば、ハンディキャップ5
土掘れば、温泉が出て
美術品を集めれば、美術館を作る

 

定時高校の先生で、仕事を熱心にする

生徒を見れば自分も頑張らなければと

心機一転、研究者を目指し
研究に没頭するために、朝六時には

研究を開始する

 
完成した薬は、アフリカの人たちを

毎年3億人以上救っている
犬や動物たちも助かっている

1980年には犬の平均寿命は3歳だったそうです

 

その薬から得られた特許料は、

食うに困らない分を残して寄付
そして最後には、ノーベル賞…

天は二物を与えずというけれど、

これだけ頑張ってきた方には
いくら与えても、納得です

 

 

毎月、私からスタッフにメールをします
今月のメールには、初診の患者様に

信頼されるような治療家になりましょう
といった内容でした

 

患者さんを治すという熱い心と

社交性と専門性と信頼性と人としての魅力
を作っていこうという内容でした

 
ある先生のメールマガジンを参考にしました
その為には、一つ一つの項目を

すでに出来ている先輩や身近な人を見て

真似をすることが成長の早道だと書いたのです

 

 

でも、大村智先生は、人のまねをすれば

その人より成長できないと

まねをすることを諫めておられます

う~ん、当院スタッフたち、どうするかな~

自分で考えましょう

 

 

ノーベル賞発表後の院内では、

あまりに感動した私の口から出る言葉は、

大村先生すごいですね

大村先生はこんなすごいことを

してこられたんですよ

 

 

ある患者さんからの一言
「先生も頑張って、ノーベル賞

とりゃぁええが」

私が取れるのは、鼻の下ノービル賞かな…

 

 

智子先生が、大笑いしてくれました

私にとって、最高の栄誉です。m(__)m

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)