スタッフ主催の勉強会

懸垂

 

最近、筋膜リリースが

話題になっています。
当院でも患者さんにも

施術させていただいています。

 
スタッフが参加したセミナーでは

アリゾナ州で解剖実習をしてきた

先生が講師だったそうです

 
実際に筋膜リリースを

太ももの外側の筋肉で実験してみると

900kgの力でリリースしないと

筋膜は動かなかったそうです。

 
でも、リリースすると柔軟性が向上します。
これは、なぜ??

 
筋肉表面にある結合組織の

柔軟性が上がることが

柔らかくなる事がわかったそうです

 
研究が進むと今まで常識とされていたことが

大きく覆ることがあります。

 
私が学生だった頃は、

筋肉痛の原因は猛毒である乳酸が

筋肉内に蓄積することが

痛みの原因と教えられました。

 
どうもこれも最新の医学研究で

異論があがっています。

 
スポーツによる筋肉痛

(遅発性筋痛 delayed onset muscle soreness: DOMS )
http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/pain-muscle.html

 

 

 

これによると、運動により筋線維に

ミクロの損傷ができ、それに伴い

一連の炎症反応が起こることで痛みを感じます。

 
DOMSの本態は、筋と結合組織の損傷後の

炎症反応に伴う現象。

 
痛覚受容器は、筋線維そのものにはなく、

筋膜に存在する。
筋線維の微細損傷の修復時にみられる

炎症過程で発痛物質が発生し、

これが筋膜を刺激して痛みが起こる。

 

 

 

つまり筋損傷(小さな肉離れ)

が起こり、それに伴う炎症反応が

痛みの原因だったそうです。

 

 

 

筋肉痛は我々の治療範囲である

筋挫傷そのものであることが

証明されています。

 

 

 

セミナーでインプットしたスタッフが、

院内の勉強会でアウトプットする事で

学んだことが意識の中に浸透していきます。

 

 

若いスタッフのがんばりを見て私も焦りが生まれました。