先週金曜日、デッドプールを見てきました。久しぶりに映画館で大爆笑…

映画『X-MEN』のスピンオフ

『ウルヴァリン X-MEN ZERO』の悪役で

デッドプールは登場します。

 

 
スピンオフのスピンオフという

最初からちょっとふざけた映画です。

 

 

☆ネタバレ注意☆
もともと傭兵出身の主人公は、

ある飲み屋で相性ばっちりの女性と出会い

恋に落ちるのですが、

そんな中で末期ガンの宣告を受けます。

 

 

 

ガンから逃れるためには、

ミュータントにならなければ

なりません。

 

 

ところがミュータントになるための

薬の副作用で不細工な顔になってしまい、

その恨みを晴らすために

人体改造をしたテロリストに

復讐するという話の流れです。

 

 
その映画の間にちょいちょい出てくる下ネタと

『X-MEN』のパロディが利いていて

私は大笑いをしてしまいました。

 

 

大体アニメヒーローなのに、

R15+指定というところから

ちょっと引いてしまいますよね。

 

 

バイオレンスシーンが超グロいのが

原因と思われます。
映画のスタートがそのグロいシーンで始まり、

何でこんな事になったか知っているかと

観客に質問するところから

回想シーンで時間が戻ります。

 

 
でも、最後にハッピーエンドで

彼女の元に戻る感動的な

センチメンタルな物語なのですが、

頭の切り替えが忙しかったです。

 

 

 

最近の画像はスロー再生をうまく使って

見せてくれるので時間とお金をかけてみる

価値のある映画だと思います。

 

 

 

 

ガンの生存率について今年の一月に

新しいデータが公表されました。
http://www.gunma-cc.jp/sarukihan/seizonritu/seizonritu2007.html

 
2004~2007年のデータですが、

ガンの部位によってずいぶん

治る率が違います。

 
そして進行度によっても違いますね。
生存率算出結果は、全部位全臨床病期の

10年相対生存率は58.2%(5年相対生存率は63.1%)

生存率算出結果
(1) 90%以上 甲状腺(90.9%)
(2) 70%以上90%未満  前立腺(84.4%)、子宮体(83.1%)、 乳(80.4%)、子宮頸(73.6%)など
(3) 50%以上70%未満 大腸(69.8%)、胃(69.0%)、腎(62.8%)、 卵巣(51.7%)など
(4)  30%以上50%未満 肺(33.2%)など
(5)  30%未満 食道(29.7%)、胆のう胆道(19.7%)、 肝(15.3%)、膵(4.9%)など

 

 

 

(2) (3)などのガンでは、

早期発見することと

適切な処置をしてもらうことで

かなりの高確率で命が助かりそうです。

 

 

 

決して民間療法のみに頼ることがないように

医学的、科学的に処置することだと思います。

 

 

 

日本において、がん検診を受けている人は、

まだ多いとはいえず、2013年のがん検診の受診率は、

胃がん検診が39.6%、肺がん検診は42.3%、

大腸がん検診は37.9%、子宮頸がん検診は42.1%、

そして乳がん検診が43.4%となっているそうです。

(国立がん研究センター)

 

 

 

検診率が70%台を超えている

欧米諸国に比べると少ないですね。

 
世界でトップクラスの長寿国なので、

当然ガンのリスクは年齢とともに

大きくなりますが、それでもきちんと

検診を受けるべきだと思います。

 
ただ、思うのですが85歳を過ぎて

ガンを手術で治療したとして

何年長生きするのか?

 
そして、その長生きは幸せなことなのか?

 
ガンで死ぬことは恐ろしいようですが、

心臓などの異常で突然死ぬことと

どちらが良いでしょうか。

準備ができることと突然のサドンデス。

 

 

 

今日は父の7回忌の法要を済ませました。

お寺で住職のありがたいお経を聞きながら

今年50歳になる私の寿命もあと20~30年かな??

そんなことを考えた日曜日でした。

 

 

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)