A man who doesn’t spend time with his family is not a man.

英語の先生

これは、映画「ゴッドファーザー」で

マーロンブランド演じるドン・コルレオーネが

三男のマイケル(アル・パチーノ)に向かって

言うセリフです。

 

 

 

今週は、Mrs.クリントンとMr.トランプとの

大統領選挙がありました。

 

 
どっちが勝つほうが良いかというよりは、

どっちでもいいと思うのですが、

皆さんはいかがですか。

 

 

 

ドン・コルレオーネのようにファミリーを大切に、

アメリカ国民を本当に大切に思う方が大統領になると

いいですね。

 

 

 

私は、1年ほど前から月に数回、

英語のレッスンを受けています。

英語圏の患者さんに対応するためもありますが、

ある未来の望みを叶えるためにも英語を勉強しています。

 

 

 
この話は、その英語のレッスン中に会話になった話題です。

先生はニュージーランド人ですが、公認会計士の資格を持ちながら

日本に来て子供達に英語を教えています。

とても家族思いの先生です。

 

 

 

 

先日、一人あたりのGDPが、3万ドルを超えていて

ニュージーランドは先進国としていい国じゃないか

といったところ、

 

 

 

 

彼は若者(15~19歳)の自殺がダントツで世界1位なんだよ。

子供の命を守れない国なんて、いくら経済が良くても意味が無いと言っていました。

 

 

 

 

 

2011 年7月から2012年6月までの自殺者数は547人で、

男性が74%,15歳から19歳の若者の自殺者は80人

(原住民のマオリが37人)

 

 

 

 

そのため、ニュージーランドでは

11月に男に元気をつけてもらうために

政府が予算を組んでカウンセリングを行ったり

電話相談を受け付けたりするんだそうです。

 

 

 
11月は、Novemberですが、口ひげのことを

「a mostache」といって元気な男、マッチョな男のイメージから、

「Movember」と題して11月は口ひげを生やす男が増えるそうです。

いろんな習慣がありますね。

 

 

 

 

最後にトランプの話題に戻って、

「彼は無茶をするよね」というので、

私は先生にこう言いました。

 

 

 
Tramp can stop US president in four years.

But,Japanies Emperor can not stop Emperor.

「トランプは、4年後大統領を辞めることができるけど、

天皇陛下は、天皇を辞めることはできない。」

 

 

 

 

こんな話をしながら、英語の勉強をしています。
聞く耳は、少しずつ能力の向上をしていますが、

なかなか口に出すことが難しいですね。

 

 

 

日本語は得意なんだけど…