最近、高齢化について考えたりしています…

ウサインボルトのまねをする

105歳のおじいちゃん

ギネスから世界一の表彰!

 

 

京都で23日、年齢別で競う

マスターズ陸上の記録会が

行われ、105歳の宮崎秀吉さんが、

100メートル走を42秒22で走り、

年代別の世界記録を打ち出したそうです。

 

 

高齢化社会について考えていますか?

人ごとだと思いませんか

 

 

今、団塊の世代が

65歳以上になったことで

65歳以上の方だけで

人口の1/4をしめるようになりました

 

 

倉敷市の人口推移予想は、

2040年まで極端に減少しないようです

高梁市などでは、人口が

2/3になってしまうようです

空家率も高くいろいろな

問題が起こりそうですね

 

 

当院には、若いスタッフが

たくさんいるので

今後の進路について

アドバイスするときには、

この数字を考慮して

おきたいと思います

 

 

でも、私が気になっている

高齢化は、自分自身の問題です

 

 

先日、辻先生の講演録CD

を聞いていると

日本人の中ですばらしい

精神状態でいたのは宮本武蔵だと

言っておられました。

 

 

天下無双を理想として

修行に明け暮れ

たくさんと人と

果たし合いをしたそうです

 

 

こんなにもすごい方も

高齢化は訪れる

剣の強さで激動の時代を

生き抜いた武蔵といえども

老化の波は訪れたことと

想像できます

 

 

洞窟にこもり、五輪書を書いた

自分の思う剣術が

できなくなってから

どんな風に考えたのか

 

 

私にも老化の波は来ています

確かに経験値の豊富さによる

仕事のやりやすさはあると思います

でも、体力が無くなったことは

否定できないと思います

 

 

皆さんにも老化の波が訪れます

そのときにどんなことを考えて、

どんな行動を取るのでしょう

私だったらこうすると思っていても

そんなこと、全く

できないかもしれません

 

 

寿晃整骨院にもたくさんの

高齢者が治療に来院されています

非常にありがたく思っています

 

 

患者さんのその年齢

の時に同じ行動が

できるかどうか

これからゆっくりと考えて

いきたいと思います

 

 

皆さんはどう生きていきますか

どんな死に方をすれば

満足できますか

 

 

心臓で突然、死にますか

ガンでじわじわ、死にますか

脳梗塞で麻痺をこらえて生きますか

 

 

どんな死に方をするために

いまをどう生きますか…

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)