大阪のセミナーに行ってきました…ゴッド○○○…

大阪セミナー

 

関節の機能不全からくる放散痛について
勉強しに行ってきました。
体のあちこちに出現する痛みのもとには
神経経路を通じた痛みを考えたりします

 

 

今日のセミナーでは、
関節機能不全を見つけて
そこにアプローチします

関節機能不全から放散痛がでている

という理論です

 

 

講師の先生が関節の機能を

改善すると面白いように

痛みが無くなります
私たちには、どこがどうなっているのか
はっきりとわかりません

何度か見ていると、なんとなく

見えてきました

 

仙腸関節といわれる
腰の付け根の部分を
手でアプローチされます

 

なぜ、そこにアプローチするのか
その方向に決めたのはなぜなのか
圧痛がなぜそこに出るのか
その方法はどんな時にするのか
根本の知識がないために
イメージが湧きません

 

 

検査方法はあくまで
手で押した感覚と痛みです
先生の押された痛みが
確かに施術後に消えるのですが
検査方法が押した痛みでは
同じ力で押せているかどうか
感覚でしかありません

 

 

先生はすごいのでしょうね

 

 

でも、私は関節可動域をチェックしたり
運動痛をチェックしたりするほうが
性分に合うようです

 

 

評価というのですが
患者さんの体がどんな状態にあるか
カルテに書いておけば
どのスタッフが見ても
同じ結果が出せるように
していくことが当院には
良いことだと思いました。

 

 

ゴッドハンドの先生はいらっしゃいますが
誰でもできることではありませんからね

 

 

私は、ゴッドマウスと言われています…
本当は、自分で言っています

 

念のために言っておきますが
口で治療するわけではありませんよ…